2014年07月20日

ボンジュール食堂 夜の前菜より

写真.JPG


コンソメ ジュレ (温泉玉子とラタトゥイユ入り)

コンソメスープ、どんなものを連想しますか。コンソメ味のお菓子、ランチセットで申し訳程度についてくる お湯で溶いた粉末のスープ みたいなものでしょうか。

クラッシックな料理ですが、フランス料理の良心であり、フランス料理らしい調理工程を経て仕上げられた、丁寧な仕事が要求される、素晴らしいブイヨンです。

最初に、鶏のスープ、コンソメサンプルをとり、次に牛と野菜をコンソメサンプルに加えて、一緒に卵白を加えて、澄ませたものが、コンソメドゥーブル、肉と野菜の滋味成分がしっかり抽出された、味も、見た目も透明感のあるスープです。
冷やすと自らのゼラチン質の力で煮こごりのようになります。
ラタトゥイユと温泉玉子の上に、コンソメドゥーブルを流した、涼しいスープです。
是非とも味わって、フランス料理の素晴らしさ、コンソメの美味しさを知って貰えたら、と思います。
posted by boujour at 17:42 | TrackBack(0) | info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック